肌の露出が増える季節、気になるのが色素沈着です。
色素沈着とは表皮に存在する色素細胞から過剰に分泌されたメラニン色素が真皮に沈着して起こるものです。メラニン色素とは通常表皮の一番下にある基底層のメラノサイトを指しますが、何らかの刺激が起こると肌を守るためにメラニンを生成しこれを周辺の表皮角化細胞に供給することで真皮に紫外線が届かないようにブロックしているのです。
通常は肌のターンオーバーによりこのメラニン色素は消滅しますが、紫外線により角化細胞に異変が起こると、色素細胞にメラニンを生成しなさいという指令が出つつける状態となり、過剰にメラニンが生成されていきます。過剰に生成されたメラニンは、ターンオーバーが正常に行われない、或いは外部からの刺激が強すぎるとそのまま色素沈着となるのです。
また、ニキビ跡からも色素沈着を起こす場合があります。このような場合は炎症の治まった患部にシミがこびりついている状態です。
鼻の黒ずみは、メラニンのほか毛穴のつまりも原因となっています。毛穴につまった角栓や汚れが酸化し、黒ずみとなるのです。
では色素沈着の予防にはどのようなものがあるかというと、まず第一にやはり紫外線予防が大切です。紫外線は色素沈着を悪化させることで有名です。日焼け止めをしっかりとこまめに塗り、日焼けしてしまった場合は患部を冷却することが重要です。
また、ボディタオルやあかすりで強くこするとその分の摩擦が色素沈着の原因となる場合があります。身体はやさしく丁寧に手で泡立てて洗う、などを心がけましょう。
特に毛穴の汚れが黒ずみと化している場合、刺激を与えるのは禁物です。毛穴を温めてゆっくりと広げ、酵素を使って洗顔するのがおすすめです。酵素は古くなった角質を分解するだけでなく、角栓の除去やターンオーバーを整える働きがあります。
肌のターンオーバーはストレス、偏食、睡眠不足によっても増悪します。ビタミン類は積極的にとり、また、ストレスの少ない生活を送る、睡眠をたっぷり取るなどが効果的です。
色素沈着が改善しない場合、レーザー治療や投薬による治療を受けることも可能ですが、効果には個人差がありますので、主治医としっかり話し合いましょう。このレーザー治療と並行してメラニンの合成を阻害するハイドロキノンクリームや皮膚のターンオーバーを助長しメラニンの排出を高めるレチノイン酸クリームを使用すると効果が高まりますので、お勧めです。